cookieを有効にする設定方法

cookieが無効になっていると見られないサイトがたくさんあります。特に通販サイトでは、cookieが有効でないと買い物ができません。

いつもは見れるサイトが見れなくなった時はcookieが無効になっているせいかもしれません。

この記事ではcookieを有効にするためのブラウザごとの設定方法について紹介します。


Internet Explorerのcookieを有効にするには

1.Internet Explorerを開いたら、画面右上にある歯車のアイコンをクリックします。

2.[インターネットオプション] をクリックします。するとインターネットオプション画面が開きます。

3.[プライバシー] タブをクリックします。

4.[詳細設定] をクリックします。

5.プライバシーの詳細設定画面が開くので、「自動cookie処理を上書きする」にチェックを付けます。(無い場合は次の手順に移行して下さい)

6.「ファーストパーティーのCookie」と「サードバーティーのCookie」の両方を「承諾する」にします。

7.「常にセッションCookieを許可する」をチェックして、[OK] をクリックします。

8.インターネットオプションの [OK] をクリックします。

ブラウザを再起動するとCookieの設定が反映され、cookieが有効になります。


Google Chromeのcookieを有効にするには

1.画面右上にある3本線のアイコン(Chromeメニュー)をクリックし、メニュー内の [設定] をクリックします。

2.「設定」タブが表示されたら、[詳細設定を表示] をクリックします。

3.[プライバシー] の [コンテンツの設定] をクリックします。

4.[Cookie] の [ローカルへのデータ設定を許可する(推奨)] を選択し、 [OK] をクリックします。

これでcookieを有効にすることができます。


Firefoxのcookieを有効にするには

1.画面右上の3本線のアイコン(メニュー)をクリックし、メニュー内の[オプション]をクリックします。

2.[プライバシーとセキュリティ]パネルを選択し、[履歴]セクションへ進みます。

3.[Firefox に]の隣のドロップダウンメニューから[記憶させる履歴を詳細設定する]を選択します。

4.[ウェブサイトから送られてきた Cookie を保存する]にチェックを入れると Cookie が有効になります。

これでcookieが有効にすることができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする