iPhoneXのアプリを終了させる方法

iPhoneⅩと今までのiPhoneとの一番大きな違いは「ホームボタンが無くなった」ということだと思います。

ホームボタンが消えてしまい、操作方法も色々と変わってしまっています。

アプリを終了する操作についても、今までならホームボタンを2度押しして終了させたいアプリをスワイプすることで終了させることができました。

しかし、iPhoneXにはホームボタンがないためにアプリの終了方法がわからない!という方が多くいるようです。

そこで、iPhoneXでのアプリの終了方法について紹介します。



まず、iPhone画面の下部から上に向かって指を滑らせて、指一本分くらい動かしたら指を止めます。つまりスワイプ→ホールドですね。

すると、アプリの切り替えができるマルチタスク画面が起動しますので、終了したいアプリを選択してください。

アプリを見つけたら、そのアプリ画面の上で指をホールドします。

すると、画面の左上に「ー」という表示が現れます。

この表示をタップ、もしくは画面を上にスワイプするとアプリを終了させることができます。



アプリを終了させなくてもiPhoneは問題なく動くので、いちいち手動で終了させるのが面倒くさいという方は気にしなくても特に問題はありません。

しかし、バックグラウンドでアプリが動いているのは確かなので、バッテリーの消費が早くなる可能性があります。

なので、使わないアプリは終了させることをおすすめします。

ホームボタンが無くなったせいで慣れない操作が増えてしまいましたが、一度覚えてしまえば簡単ですよね。この調子でなれていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする