iPhoneの緊急SOSの使い方と誤作動対策

iOS11からの新機能として、緊急SOS機能というものが付きました。

緊急の時に素早く簡単に緊急電話をかけられるという機能です。

しかし、簡単に緊急電話をかけられるだけに、誤作動を起こしてしまうこともあるようです。

この記事では、緊急SOSの使い方や誤作動対策の方法を紹介します。


緊急SOSの使い方

緊急SOSの使い方ですが、iPhoneの「スリープボタンを5回連打」することで緊急SOSスライダが表示されます。

緊急SOS スライダをドラッグすると自動的に現地の緊急通報用電話番号にかかります。

また、iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plusの場合、スリープボタン+音量ボタンを長押しすることでも緊急SOSができます。



このように、とても簡単に起動することができるので、ちょっとした拍子に起動してしまう可能性もあります。

なので、そのような誤作動を防ぐ方法も紹介しておきます。


緊急SOSの誤作動を防ぐ方法

緊急SOSはiPhoneの設定アプリでオフにすることができます。

設定アプリを開くと「緊急SOS」という項目ができているので、そこをタップして設定画面を開きます。

自動通報や5回クリック起動のオンオフが設定できますので、オフにして下さい。

これで誤作動は防ぐことができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする